iPhoneの進化をたどる

スピードの向上

iPhone3Gの発売からしばらくして、後継機としてiPhone 3GSという機種の販売が開始されることが決まりました。こちらの機種の特徴となっていたのは、特に3Gに於いて問題であるとされることが多かった、動作速度の改善を行うことができていた点です。まさにこのSというのはスピードを意味している言葉であり、よりスムーズに使用できるような作りとされていたのがポイントでした。

また、タッチパネルとして反応する機能を持っているという関係上、画面に指紋の汚れがつきやすいというのも問題の一つとして認識されるようになっていたため、その点についても解決ができるように、疎油性コーティングが行われるようになったのも特徴の一つでした。これに加えて、カメラ機能が大幅な拡張がされるなどして、動画撮影ができるようになったことも、スマートフォンの使用感を拡大することにつながっていました。

さらに、より多くのデータを持ち運ぶことができるようにストレージ容量の拡大も行われることになりました。こうして、多くのユーザーのニーズに応えることができるように進化を遂げてきたことが初期の機種を見ても分かるようになっているのが特徴的です。